ダーツ上達のコツはここにあり!|関連情報まとめサイト

ダーツ上達法だけではなく、プロの大会情報や今注目のダーツ用品などをまとめた情報サイトです。

*

ダーツの投げ方

ダーツは家だと近くて店だと遠く感じる。その理由と対処法

   

普段家でダーツの練習をしていてある日店に行くとこんな経験はありませんか?

あれ?なんかダーツまでの距離が遠くない?

自分家のダーツボードまでの距離間違ってたのかなぁ・・・

家より店だと遠く感じる原因

距離は絶対合っているんだ!

なのに店だと遠く感じる・・・

ダーツというのはイメージによる部分がとても大きく左右されます。

店に投げに行って遠く感じると、その後の調子にも大きく関わってきますよね。

いつもと同じように投げるとダーツが届かないような気がする。

だから気持ち強めに投げると結構ズレる。

悪循環ですよね。

家で投げてる時よりも店で投げている時の方が距離が遠く感じるその原因は二つあります。

 


スポンサーリンク


 

天井の高さ

これが一番大きいです。

家の天井の高さって大体2.5m~3mくらいでしょうか。

ネットカフェだけに限らずダーツバーも間違いなくそれより天井が高いです。

人は天井が高いと開放感が得られ、面積以上に広く感じます。

(最近では一軒家でも一回の天井を高くして広々とした空間を演出する家もあります。)

それくらい錯覚するものなのです。

天井が高い所と低い所ではダーツボードまでの距離が違って感じるのは当たり前です。

なにもあなただけではないのでご安心ください。

私も未だに店で投げ始める時、最初は遠く感じる時がたまにありますよ。

壁際に設置している

これも先ほどの天井の高さと同じような理由です。

壁際にダーツボードを設置しているとすぐ横が壁なので圧迫感があります。

店よりも天井が低く、尚且つ壁際に設置していると感じる感覚は全然違ってきますよ。

壁際で投げているとなんだかちょっと窮屈な感じがしませんか?

 


スポンサーリンク


 

意識の差をなくす対処法

まず屋根の高さを変えましょうなんて事は言いません。無理ですから笑

しかしこの問題は空間的な問題なので簡単には改善できないかもしれません。

できる範囲で行いましょう。

1、壁際にダーツボードを設置するのをやめる

部屋の真ん中にダーツボードを設置できるなら是非移動してみましょう。

ダーツのスローラインに立った時、壁際と真ん中じゃ視野や意識が結構変わってきます。

これをやるだけでも店にダーツを投げに行った時、今までよりかは遠く感じないってなりますよ^^

 

2、店で投げる回数を増やす

家ではあまりみっちり投げ込まず、できるだけお店に通った方がいいです。

これは距離感の誤差をなくすだけではなく、緊張する場面にも慣れてくるという意味もあります。

あなたのダーツの腕前を底上げしてくれるので結構おすすめですよ。

ただどうしてもお金と時間がかかってしまいますから人によっては難しい部分ではありますね。

 

3、同じ距離って強く自分に言い聞かせる

家で投げている時は近く感じてお店で投げる時は遠く感じる。

これは間違いなく錯覚ですので、店に行って最初に投げる時はそう強く自分に言い聞かせましょう。

ダーツとはイメージ・意識がとても重要です。

これも案外バカにできない方法なので是非ともやってみてください。

 


スポンサーリンク


 

 - ダーツ知識

特定商取引法に基づく表示